映画が大好きで、ホームシアターを導入しました。 自宅で寝転がりながらでも映画を楽しめるなんて良いですね♪  ※2006/9月より内容仕切り直しの工事中です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スクリーン】 kikuchi SBSR-80HDAG
2006年09月26日 (火) | 編集 |
キクチ 80インチスクリーン(シアターグレイ・アドバンス)



自分が愛用しているスクリーンです。
型式名称はKIKUCHI SBSR-80HDAG
【通称:シアターグレイ・アドバンス、80inch-wideサイズ】
現在この型番では製造はされていないようですが、
引き継ぐ同等の製品が発売されています。

それがこちら。

icon
icon
キクチ シアターグレイアドバンス SS-80HDAG
icon

スクリーンメーカーのキクチによるホームユースのスクリーンです。

プロジェクターのSANYO LP-Z1と同時に購入。
自分がこのSBSR-80HDAGを購入したときの金額は\112,000(税抜)でした。

この金額を聞いて「意外に高い!」「そんなにするのか?」という方もいるでしょう。
このスクリーンの価格は確かに高く聞こえます。

スクリーンの構造や用途などの説明については後日別記しますが、
スクリーンは何が良いかと調べ始めるとこれが様々な種類やランクのモノが多数あり、
選ぶのに四苦八苦してしまいます。

大切なのは、その用途やプロジェクターのセッティングの形に合ったものを選ぶということ。

そういう自分ですが、実は勉強不足のまま購入に至っってしまった
苦い思い出の品がこれ。
正直言って、当初の一年半の間は、選択を間違ったことすら知らずに
全く誤った形でプロジェクター投射し使用してました。

現在は、このスクリーンの特性を十分に考慮した上で
なるべく性能を引き出す形で使用していますが、
それでも正直、このモデルよりも欲しいスクリーンが他にあります。
このスクリーンよりも、自分の好みに合った画質を
作ってくれると思われるスクリーンが他にもあるんです。
しかももっと安価で。

気持ちは揺らぎます。(笑)

       スクリーン投射(モンスターズ・インク)

        (↑80インチスクリーンに実際に投射中) 

でも、まあキレイでしょ?

もっとも、100%間違いとも言い切れないんですけどね、この選択は。
現行モデルと比べてしまうと光量が比較的不足している
プロジェクターを愛用しているこっちゃんには
ある意味、大きな助けとなってくれるスクリーンなんです。

「ビーズ」タイプのスクリーンは明るさを引き出してくれますから。

結果、そーゆーことで納得するようにしています(笑) 

>>KIKUCHIスクリーン ホームページ



★★【楽天市場】キクチ・スクリーンの最安値はコチラで探せます★★








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。