映画が大好きで、ホームシアターを導入しました。 自宅で寝転がりながらでも映画を楽しめるなんて良いですね♪  ※2006/9月より内容仕切り直しの工事中です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.1ch(チャンネル)とは?
2006年09月26日 (火) | 編集 |
5.1チャンネル

これが5.1チャンネルと呼ばれる形。

自分の家の中でサラウンドシステムを作りたいと思っても、
映画館のようにたくさんのスピーカーを置くのは
ほとんどの場合無理でしょう。
そこで基本として上の図のような形に配置します。
5本の普通のスピーカーと、
1本のサブウーファー(スーパーウーファー)と呼ばれる
重低音専用のスピーカーで音場を作ります。
iconicon
1チャンネルとは
1本のスピーカーを鳴らすために必要な単位です。
基本的には1本=1チャンネル。
5本なので5チャンネルです
(ただし映画館などでは、
1チャンネルを数本のスピーカーで構成する場合もあります)
スーパーウーファーは重低音専用のスピーカーで
すので
「.1チャンネル」
という扱いになります。

メインのフロントスピーカーなどの性能にもよりますが、
一般的な場合、スーパーウーハーは中央に置く必要はありません。
基本的には右寄りでも左寄りでもOKとされています。
人間の聴覚は低音は基本的に方向性を感じないというのがその理由です。

ただし2本以上のサブウーファーを使用する場合などは
しっかり考えて設置することが必要となります。


【楽天市場】

● マイルームが劇場に大変身! ホームシアター導入特集! ●
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。