映画が大好きで、ホームシアターを導入しました。 自宅で寝転がりながらでも映画を楽しめるなんて良いですね♪  ※2006/9月より内容仕切り直しの工事中です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サラウンドシステム】BOSE LS-12
2006年09月26日 (火) | 編集 |
LS-12 SP


自分愛用の【ホームシアター・サラウンド・システム】です。

右を見ても左を向いてもデジタルな世の中で、このシステムはバリバリのアナログ機。
当前、配線に関しても光ケーブルなど使用できる訳もなく、
コテコテのアナログ配線でございます。

ドルビーデジタル?・・・・無縁です。DTS?・・・・音、鳴りません。(笑)
今どき、コレです。

そんなシステムですが、この音質に関して言えば今でも充分通用するものと思います。
生産後、軽く10年は経過していると思いますが音質自体にさほど不満はありません。


BOSEというのは、店頭で見てもなかなかすぐにホイと買えない雰囲気を持っている製品ですね。
値段も安くないので、確かにそれはそうなのですが、
何か他にも買いにくい理由がありそうです。

例えば、このパッケージを見ても見た目に美しさと迫力が
不足しているような作りだという点。
(個人の主観にもよりますが)
いまひとつ「これでどーだ!」という迫力がありません。(笑)

このページの一番上の画像がスピーカー本体なんですが、どうでしょう?
2個のユニットが重なった作りをしていますが、その高さはわずか16cm程度。
まず、こんな小さなスピーカーで迫力あるサラウンドなど再現できるものか?と
大抵の人はまず思ってしまうでしょう。
無理もありません。

LS-12 SW

ところが、このシステムには
サブウーファーに当たるベースモジュールという機器が備えられ、
迫力のあるクリアな低音で、量感のある音響が出来上がるのです。

一度、この音を聞けば納得できる人も多いでしょう。
もちろん音というものは「好き好き」ですが。

『BOSE 10年』

BOSE製品は、チョット高くても一度買ってしまえばあれやこれやで10年は使える。
言い方を変えれば、「10年以上も先まで視野に入れた音作り」ってことなんでしょうね。

このベースモジュールが、他のメーカーのスーパー・ウーハーと違った個性を打ち出している点は、
ウーハー本体が単なる重低音スピーカーだけではなく、
他の5個のスピーカーをドライブさせるアンプも全部この中に収納されているというコト。
(一部日本メーカーでこの方式を採用していますが)

LS-12


そしてメディアセンターと言われる部分で、これらの5個のスピーカーやベースモジュールの
コントロールを一括して行うと言う仕組みです。

かさばるアンプは大きなベースモジュールに入れたお陰で、
このメディアセンター自体は非常にスリム。
置き場所に困ることがありません。

現在主流のデジタル・ホームシアター・システムに比べれば見劣りはしますが、
セッティングなどによってまだまだ十分満足を引き出すことが可能です。

工夫しながら楽しむ。
これもホームシアターの楽しみのひとつでしょう。

このモデルが現在のBOSE LS-18Ⅱに繋がっているわけです。




BOSE ホームシアターシステムLifestyle18II 【LS-18Ⅱ】

長時間聴いても聴き疲れしないナチュラルな音が、このシリーズの魅力です。
音楽もなかなかキレイに聴かせてくれますよ。



★★【楽天市場】BOSE社製品 新着情報はコチラ ~最安値も探せます~ ★★





スポンサーサイト
【液晶フロントプロジェクター】 SANYO LP-Z1
2006年09月26日 (火) | 編集 |
SANYO LP-Z1


自分が現在使用中のプロジェクター。
SANYO LP-Z1という機種です。

現在にその血統を引き継ぐSANYOの ”Zシリーズ”の第一弾として
AV市場にその姿を見せました。

購入は2003年8月15日。まる2年が経ってしまいました。

その頃は、ようやく家庭向きプロジェクターも20万円前後で
鑑賞に十分な性能が手に入りはじめた時期で、
悩み悩んだあげく、\178,000(税抜)で購入しました。

購入に踏み切る後押しをしてくれたのが
AV専門誌の『Hi-Vi』での評価。

この雑誌では年2回(夏と冬)
『ベストバイ』という企画を打ち出しています。
数名の専門家が注目機種のテストをジャンルごとに行い、
文字通りその時点での「一番買い!」な製品を
ランキングするという斬新な企画です。

2003年冬の「ベスト・バイ」で
【フロントプロジェクターI(垂直720画素未満)】部門では
このLP-Z1が堂々の1位として受賞していました。

SANYO LP-Z1(投射中)


最近の大型家電専門店では、同時に何機種もがデモを行えるほどの
大きな「試写コーナー」を設けている所も多くなりましたが、
一般客がその場で、納得が行くまで性能をチェックしきれる
ということは、なかなかありません。

こうした専門家の目で、性能をチェックしてもらえるというのは
大変ありがたいことですね。

結果この愛機は、決定的な性能こそ最新機種には及びませんが、
今でも「楽しむには十分」な画質を見せてくれています。

でも、やっぱり新製品は良いですね。
目がくらみそうです(涙)


   >>【SANYO LP-Z1のホームページ】
※製造は終了していますが リンクは可能です 


★★【楽天市場】SANYO LP-Z1の最安値を探すならコチラをどうぞ(Z1Xモデルも含みます)★★




【スクリーン】 kikuchi SBSR-80HDAG
2006年09月26日 (火) | 編集 |
キクチ 80インチスクリーン(シアターグレイ・アドバンス)



自分が愛用しているスクリーンです。
型式名称はKIKUCHI SBSR-80HDAG
【通称:シアターグレイ・アドバンス、80inch-wideサイズ】
現在この型番では製造はされていないようですが、
引き継ぐ同等の製品が発売されています。

それがこちら。

icon
icon
キクチ シアターグレイアドバンス SS-80HDAG
icon

スクリーンメーカーのキクチによるホームユースのスクリーンです。

プロジェクターのSANYO LP-Z1と同時に購入。
自分がこのSBSR-80HDAGを購入したときの金額は\112,000(税抜)でした。

この金額を聞いて「意外に高い!」「そんなにするのか?」という方もいるでしょう。
このスクリーンの価格は確かに高く聞こえます。

スクリーンの構造や用途などの説明については後日別記しますが、
スクリーンは何が良いかと調べ始めるとこれが様々な種類やランクのモノが多数あり、
選ぶのに四苦八苦してしまいます。

大切なのは、その用途やプロジェクターのセッティングの形に合ったものを選ぶということ。

そういう自分ですが、実は勉強不足のまま購入に至っってしまった
苦い思い出の品がこれ。
正直言って、当初の一年半の間は、選択を間違ったことすら知らずに
全く誤った形でプロジェクター投射し使用してました。

現在は、このスクリーンの特性を十分に考慮した上で
なるべく性能を引き出す形で使用していますが、
それでも正直、このモデルよりも欲しいスクリーンが他にあります。
このスクリーンよりも、自分の好みに合った画質を
作ってくれると思われるスクリーンが他にもあるんです。
しかももっと安価で。

気持ちは揺らぎます。(笑)

       スクリーン投射(モンスターズ・インク)

        (↑80インチスクリーンに実際に投射中) 

でも、まあキレイでしょ?

もっとも、100%間違いとも言い切れないんですけどね、この選択は。
現行モデルと比べてしまうと光量が比較的不足している
プロジェクターを愛用しているこっちゃんには
ある意味、大きな助けとなってくれるスクリーンなんです。

「ビーズ」タイプのスクリーンは明るさを引き出してくれますから。

結果、そーゆーことで納得するようにしています(笑) 

>>KIKUCHIスクリーン ホームページ



★★【楽天市場】キクチ・スクリーンの最安値はコチラで探せます★★








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。